退職と転職を繰り返す日々を止めるための対策は、シンプルです。

退職と転職を繰り返さないための方法が一つだけあります。

退職と転職を繰り返さないための打開策が一つだけあります。仕事面のスキルアップもそうですが、それとは別にメンタル部分のスキルを磨くと、そう簡単に転職を繰り返さなくなります。今ではインターネットを用いてメンタル面を強くするヒントは誰でも知ることができます。そして、転職以外の行動によっても、メンタル面を鍛えさせてくれます。その最たる例は「外国に行くこと」ですね。海外に旅行に行くと言語、文化、生活様式など、違うことばかりなので、刺激を受けることばかりです。ですから、帰国してからも心境の変化を実感できるはずです。日本に帰ってくると、自分が小さな世界しか見えていないことに気づかされ、こんなにも世間は狭かったのだということを実感することができます。その気持ちを携え面接に行けば、これまでの面接とは違って自信に溢れた態度で相手にアピールできるはずです。しかし、退職後しばらくは精神的に弱くなりがちなので、今後のために休みも必要です。

職を変える際の面接での身なりは企業側からクールビズ可…

再就職の時にする面接での身なりは会社側からクールビズ可とと伝えられる場合もあるようです。ですが、クールビズで赴くのは良くない印象になるのでは?と思いがちです。クールビズに関する不安を抱いている人に伝えたいのは、会社側からクールビズでも良いとされている面接なのであれば、言われたことをそのまま行動に移したほうが良いです。疑心暗鬼になってしまい、夏真っ盛りの時期にクールビズでないのは相手側に不自然に思われますから、クールビズで来てくださいと伝えられたらクールビズで良いのです。

これから、労働力という観点において着実に考えなくてもできる作…

私たちの労働環境は、今後簡単な仕事は機械化が進行し、それに伴い、必要な人員は少なからず削減されます。どうしてかというと、考えなくてもできる労働という観点では機械を稼働させたほうが数段に分があるからです。数をカウントしたり、同じ作業を延々と反復したりすることは機械なら何の苦もありません。もちろん人間とは違って泣き言を言わないし、肉体的な疲れもないし、インチキをすることもないし、早いし均一化できるメリットもあります。さらに、人と違って「人件費」が発生しないのもメリットといえます。こういった点から、労働力として人を使う理由がまったく無いので機械にシフトされるもの当然の結果といえます。

在職していた会社ですぐにきれる上司に神経を使い、我慢できずにその会社は辞め・・

初めて働いた会社で性格が合わない上司に悩み、結局我慢ができなくなり退職し、同業者の他の会社へ転職しました。その会社では上との関係も良好で仕事ができて非常に満足の毎日でしたが、だんだんと会社の売上が悪化し、ついにはある会社に経営統合されることとなったのです。ところがその統合先の会社がなんと以前いた会社で、大変嫌いだった上司がまた私の上司になるそうです。いったいこれはどれだけご縁があるのでしょうか。もちろん新規の転職活動をし始めています。

仕事を探していた時期にかなりいくつかの人材紹介会社に登録していました。

求職中のころかなりいくつかの人材紹介会社に登録していました。その際に特に思ったのは転職のアドバイザーの質が驚くほど多様で大抵は物足りないアドバイザーばかりでした。こっちは人生がかかっているのにもっと気持ちを込めて向き合ってほしいという想いが高まってしまいました。そのことが契機となって自分がキャリアカウンセラーの道に進むことになりました。キャリアカウンセラーとして働くための資格取得のためには経済的な負担にもなりました。それに加えて資格取得のための勉強においてもハードなわけですが、就職活動の際に信頼してもらえる人間になるために頑張っています。


経営コンサルティングなら東京の英知コンサルティングへ
経営コンサルティング、人材育成コンサルティング、個人コンサルティング、FPコンサルティングなら東京の英知コンサルティング株式会社へ。国内唯一、全コンサルタントがMBAまたは中小企業診断士。全国対応。

コメント

タイトルとURLをコピーしました