Author

未分類

人生初の転職を行う際、重要なのはどうして今の仕事を去らなければいけないの…

生まれてはじめて転職をするのであれば、注意すべきことはなぜ現在の仕事を辞める必要があるのかをはっきりしておくことだと断言できます。その理由こそが根本問題なので、必ず考えておいた方がいいでしょう。その上で問題解決が見込める企業を選んでいきましょう。卒業してからの転職活動は、学生時の就職活動とは違い、現在の仕事と並行して就職活動を行っていくことから、時間と体力がなければやっていけません。
未分類

再就職をする時に面接でほぼ100%問われるのは退職し・・

転職をする際で絶対といっていいほど投げかけられる質問が会社を辞めた原因です。このような質問になった時には話の内容を前の職場にしない方が最善です。前職を退職した経緯を中心に話をするとどうしても面接において不利なことを取り込んだ内容になってしまいます。ポイントとしては、なぜ前の会社を退職したかという点をこの職場にぜひとも入りたい理由があったからといった感じの話にするべきであり、自己アピールもかねて今、自分が入社したい会社に話の方向を向けていくべきなのです。
未分類

クールビズをして転職の面接に行く際には、ジャケットは…

クールビズ(軽装)の格好で再就職の面接会場に行こうとする場合、やっぱりジャケットまでは着用しなくても良いとはっきりと言えますけど、ネクタイは着用していったほうが好印象を与えてくれます。ネクタイもジャケットと一緒でなくても良いとしている企業も存在する場合もありますが、ことネクタイに関してだけはクールビズが推奨されていても着用すべきだと思っている企業がまあまあ存在します。
未分類

初めて働いた会社で嫌な上司の存在に悩まされ、とうとう…

就業していた会社で嫌な上司の存在に悩みを抱えて、ついに耐えることができなくなって退職し、同じ業種の別の会社に行くことにしました。その会社では面倒な上司もおらずとても充実した毎日でしたが、緩やかに会社の財務が悪くなり、最後にはある会社に経営統合されることになったのです。
未分類

全くの初挑戦となる分野などに転身したいと考えているときには、…

全く経験したことのない業種とかに転身したいと考えている場合には、自分が前の職で養われたスキルやこれまで経験したことを発揮できるといった内容のアピールが必要です。初めて挑む人は経験していない分その業種の経験者よりも実際のところ、不公平な状態になりますが、自分が保持している力がそこで十分に発揮することができるということをうまく相手に話せれば、勝負になるケースは考えられるのです。
未分類

派遣で働いています。派遣法や労働契約法の関係で長く働い・・

派遣で会社で働いています。派遣法とかのからみで残念なことに長くお世話になった就業先での勤務が終了します。同じ派遣の方の中には、派遣先から正規社員の地位を得た人もいるのですがはっきり言って仕事の能力とは関係なく派遣先の上司へのご機嫌取りが上手な人でお引き立てがあったよう。
未分類

転職先を探している期間は、自身の趣味に没頭したり、体力を低下させないようにしておくと…

転職期間では、自分の趣味に時間を使ったり、体力を損なわない生活がベストです。勤務先が見つかり、仕事を再始動したとき、趣味に没頭していたおかげで無意識の間に集中する力がアップします。さらに体力アップしているために、他の社員と比較すると体力が持続するということを自ずと認識することができます。
未分類

かつては割とたくさんの人材紹介会社に登録していました。

私は昔かなり複数の人材紹介会社に登録していのだが、その際に特に思ったのは転職のアドバイザーの質が様々でたいていの場合、適当な対応をする方ばっかりでした。私にとってはとても重要なことことだからもっと真摯に向かい合ってほしいという願いが募りました。それが引き金となってキャリアカウンセラーの道を目標にすることになりました。
未分類

クールビズ(軽装)をして転職の面接にチャレンジする場合・・

クールビズの格好で転職の面接場に出向く場合、さすがにジャケットまでは着用していくことはないと言えます。ですが、ネクタイは着用しておいたほうが印象が良くなるのでお勧めです。ネクタイもジャケットと一緒でなくても大丈夫だと認める企業も存在することはあると思います。ですが、ネクタイに関しては例えクールビズであっても身だしなみとしてするべきだと思っているところがある程度あります。
未分類

新卒後最初に働いた会社で怒りっぽい上司に憂鬱な気分にさせら・・

勤めていた会社で感じの悪い上司に神経を使い、その結果これ以上は無理だと思いその会社を退職し、他の同業の会社に移りました。その会社では居心地よく勤務することができてきわめて満足した日々でしたが、徐々に業績が悪くなり、結局はとある会社に経営統合されることとなったのです。
タイトルとURLをコピーしました